ビジョン

基本情報

 
 弊社は介護事業を始めて、2013年で満18年目を迎えました。
他の業界と比較すると、まだまだ若い新興企業のように 感じられるかもしれませんが、私たちの介護業界においては、 いわゆる「老舗企業」と位置づけられます。
 また、弊社は在宅介護に特化しています。とちぎに住む多くの方々に、高齢になっても、できる限りご自宅で生活をしていただくために様々なサービスで支援をさせていただければと考えております。

●栃木県内に6つの事業所を運営
弊社は介護保険制度が施行される以前から在宅介護に携わって いる会社です。高い志をもった人たちが創業し、その志を継続させる人 たちや、さらに会社を発展させる人たちがいたからこそ、宇都宮、小山、鹿沼、塩谷、佐野と多くの地域に事業所を置き、弊社の長い「歴史」を築くことができたのです。
 今後も「会社も個人も成長できる企業」を目指して、これまでに、のべ何千人という人たちが作り上げた ケアネットサービスのネットワーク(「人の輪」と「人の和」)を栃木県で継承・発展させてまいります。

■代表者略歴

1982年鹿沼市生まれ。宇都宮短期大学附属中・高校 卒。2004年東京理科大学卒業。2007年立教大学大学院ビジネスデザイン研究科修了、MBA取得。2014年慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科医療マネジメント専修修了。2008年度~2011年度 厚生労働省 老人保健事業推進費等補助金研究事業 分担研究者(日本介護経営学会)。2012年より宇都宮北ロータリー・クラブ会員

基本情報

ブランドロゴ 弊社のロゴマークの上部に記載されている、「元気、が いちばん うれしい。」というブランドスローガン!

 普段は何気なく暮らしている人も、病気や怪我をしたときにふと感じる「平穏無事に、元気で幸福に暮らせること」を願う思い。
そんな皆さまの声にお応えするために、私たちは“やさしさと思いやり”あふれる 介護サービスをお届けするとともに、“人と人との結びつき”を最大限大切にしていきたいと 考えています。


「仁慈惠愛」

「仁慈惠愛」とは弊社の社訓でもあり、行動指針です。 その意味は、
仁・・・・・常に、思いやりの気持ちをもって相手に接し、
慈・・・・・常に、ものごとを真剣にとらえて大切に慈しみ、
惠・・・・・常に、自分が惠みを受けていることを忘れずに、
愛・・・・・常に、自分と他人への愛情を忘れない。
というものです。
 そして、これらは四文字熟語全体としても大きな意味を持っています。  まず「仁慈惠愛」という全ての漢字には弊社のロゴにもなっているハートマークの「心」が入っており、さらに「惠愛(けいあい)」という言葉には、社名の「care(ケア)」(介護サービス)が含まれていることで、漢字全体としてホスピタリティあふれる弊社オリジナルのサービスをイメージしているのです。